お知らせ

倉田ドッグトレーニングスクールからのお知らせ

RSS Feed

誰が一番おりこうかな?

倉田ドックトレーニングの初代先生
シエパード犬メスのクヴァレ

預かりでトレーニングするときは、皆で一緒にトレーニングします。

お昼も皆でドックランします。

クヴァレは14歳7カ月で亡くなるまで、新しく入ってくる犬達の良き先生でした。



こんな感じ

どうして手に待たないの?

リードを手に持ったまま歩く練習だけだと、いつも手に知らず知らず力が入ったままになってしまい、それが緊張に繋がり犬を上手くコントロールできなかったり、リードに頼りすぎてしまうのを防ぐ為

一番の目的は、自信をもって犬をコントロールできる精神状態を作る為!
リードを手に持たない為、飼い主さんは自然と犬の前で毅然とした態度でいないといけません。

自信がない態度で犬に接せると、犬はそれを弱みと受け取ってしまうので逆にコントロールされてしまいます。

リードを手に持たない練習をすることにより、犬よりも早く状況判断が出来るようになる為、色々なトラブルも未然に防ぐことに繋がります。
何よりもオーナーさん自身に毅然とした態度が身に着く為のトレーニングにもなります。



新しいトレーニング開始!

ウルのお母さんに今回やってもらうトレーニングは、ジーンズのベルト通しにリードを通してもらい、そのまま歩く事をしてまらいました。



久しぶりー

久しぶりにお泊りのタケゾー
テインにご挨拶。

犬同士が挨拶をするときは、お互いのお尻の匂いを嗅ぐことで確かめ合いをします。

久しぶりのタケゾーはいきなりテインの顔めがけてしつこい挨拶をしたため、テインに叱られ挨拶のやり直しをしているところです。

小さくても犬の前では毅然とした態度のテインは挨拶の仕方にダメ出しする可愛いやつです(笑)

マオ。レオ。テインが色々と犬達に犬同士の会話や挨拶の仕方を教えてくれるから、ドックランに連れて行っても他の犬達と遊べますと、お客さんから言ってもらえて嬉しいです。



犬を見てもリラックスだよ(笑)

犬は目標物をじっと見てから次に行動に移すため自分の近くにそれがいてもリラックスしていられるように、小型犬をじっと見たら首筋を5本指でタッチして気をそらし、マルクを横にする事で降参&リラックスする事を関連ずけて教えていく。

初めは小型犬を狙っていたマルクが近くに犬がいてもリラックスして横になれる様になってくる。

でも、散歩の時吠えて喧嘩を売ってくる犬に対して無視することができないけど前に比べたら、お母さんが焦らずに対処できるようになってきています。

ゆっくりだけど確実に前に進んでいます。
諦めずに頑張ろうー




INFORMATION

倉田ドッグトレーニング
スクール

愛知県名古屋市天白区
保呂町1402 ≫詳しい地図
TEL&FAX 052-801-6638

メールでのお問合せはこちら
アクセスマップ