お知らせ

倉田ドッグトレーニングスクールからのお知らせ

RSS Feed

みんなでお散歩(行ってきまーす)

一時預かりのメルーも一緒に4頭で夕方の散歩。

みんな穏やかで楽しい散歩が出来ました。

ノアやメルーにとっても、いろんな犬と散歩をすることで、大型犬を怖がる事もなく、自然と犬同士仲良くなっていきます。
遊ばせる時も一緒なので、ミニミニドックラン状態!
大きなドックランに連れて行っても、怖がって吠えまくる事が無くなったり、犬同士の挨拶も遊びの中でレオやマオやテイナが教えてくれます。



最年長ー

ポメラニアンのケンタ。

16歳です。

8歳の夏からトレーニング開始!
見に行ったときは、吠えて咬みつきに来る為お母さんに、リードを付けてもらい話を聞きました。

暑い日のトレーニングは公園にある大きな木の日陰に入って、伏せの練習をしました。
ケンタは8歳からのトレーニングだったから、伏せを覚えるまでお母さんが辛抱ずよく教えました。

それからのケンタは股の下を8の字にくぐる事や
歩いてるお母さんの測度に合わせて、足と足の間をくぐり抜けて歩く事を覚えたり。

おまわり(右回り)に(左回り)も覚えて、いつもお母さんとやるトレーニングは楽しそうでした。

長いロングリードで待たせる時も、かなり長い時間待てるようになりました。

いつも手を抜かずコツコツとトレーニングしていたお母さんが、頑張った結果だと思います。
いつもケンタを預かる時、あー年を取って来たな―と思います。

20歳めざして長生きしよー。



大きな顔だなー

今度はマオ君の歓迎を受けて、ビックリ!

大きな顔でペロペロされてます。



わー大きいー

早速!
レオ&マオ&テインの3頭だけの群れにノアを紹介。

ノア自体がとても穏やかな犬で、犬への挨拶の仕方もまず、お尻の匂いを嗅ぎに行けていたので、すんなり仲間に入れてもらえました。

ただし、ノアが治さなければいけない所も見えてきました。
ノア5キロ
レオ36キロ
体重差31キロのレオに支配的な態度をして、自分を大きく見せたり、上に乗ろうとする仕草を何度か見せたので、その都度に軽くノアの首筋にタッチして支配的な態度はダメ!と教える。

この支配欲がロントロールできれば、家に帰ってもメス2頭とも上手くやっていけるはず。

レオは頭を下げて有効的な態度で匂いを嗅がせていますね。
偉いぞ!良いお手本です。
これだと犬同士のケンカに発展することなく、お互いの紹介ができます。



僕も皆の仲間入り。

ボルゾイのクライス君
生まれて6カ月

僕もいよいよトレーニングの時が来てしまった。
今まで僕がリーダーだったのにー
でもまだ、僕は負けないぞー

お父さん&お母さんがリーダーになれるよう、僕が色々試していくから覚悟してね。




INFORMATION

倉田ドッグトレーニング
スクール

愛知県名古屋市天白区
保呂町1402 ≫詳しい地図
TEL&FAX 052-801-6638

メールでのお問合せはこちら
アクセスマップ