お知らせ

倉田ドッグトレーニングスクールからのお知らせ

RSS Feed

可愛いクリノスケ君

小さいチワワのクリノスケ君

保育に来出して5回ホントに少しずつ慣れてきました。

初めはバリケンから怖がって出てこない、おしっこも帰る何時間前にやっとしていた・・・
でもやっと自分からゆっこりではあるけどバリケンから出れるようになっているので、時間をかけていけば甘噛みも出てくるはず
です。
それまでは時間をかけて信頼関係を築く事に重点を置いて行きます。



少しずつおりこうさんに・・・

トレーニングを初めて1か月がすぎ少しずつおりこうさんになってきているが、とにかく動き回る犬なので待つことが苦手です。

甘噛みは興奮するとまだしてくる時はあるが、きちんと注意が出来ればすぐにやめるようになってきています。

トイレもだいぶ我慢できるようになってきているが、自らトイレサークルに入っておしっこしたのは1回だけ・・・

なかなか難しいえす。



小さくてもパワフル

ポメラニアンとダックスのハーフ

オス 6か月 名前はビスマルク

預かりトレーニングを始めたころは、首の近くを触られるのが嫌で甘噛みをして来たり、びくびくすることが沢山ある犬で、とにかく落ち着きがないので、パピートレーニングから始めることにしました。

ひっくり返してお腹を見せることが暴れてできないし自分がしたくない事をされると噛みつきに来るしキャンキャン泣き叫ぶ!

3か月〜4か月の一番大事な時期にきちんとしたパピートレーニングを受けていないため暴れれば逃げ出せたり、噛みつけば放してもらえたりしてきているようで、かなりきつく噛みついてくる

ここでこちら側がイライラしても教えることが出来ないため冷静に毅然とした態度で接することが大事になる。

いくら泣き叫んでも噛みつきに来ても一切ひるまず、犬をひっくり返して服従させることをしました。
犬が暴れれば暴れるほど疲れてきて自分の中にため込んでいた悪いエネルギーの発散できるので吐ききるまで付き合いました。

しばらくして暴れても噛みついても自分の思い通りにならないと分かったのか静かになりました。 今はパピートレーニングを中心にトレーニングをしています。
バリケンから出る時、エサをもら時も興奮せずに待てるように教えることはヤマズミです。
興奮症の犬なので穏やかな精神状態を教えるのに苦労しそうです。
一昨日から小型犬達とも一緒に遊べるようになり楽しそうに走り回っています。



仕事用のハーネスが届きました。

牧草の中から乾燥したネズミや鳥などを見つけるトレーニングをする時の仕事用ハーネスが届き、昨日から実際につけながらトレーナー始めました。

このハーネスを付けることで今から自分が何をするのか、認識が出てくるので楽しみです!

盲導犬がハーネスを付けると仕事モードになるのと同じです。
盲導犬候補犬を訓練していた時に着けるハーネスと感覚がよく似ていて、何か不思議な感覚です。

難しいトレーニングなので、レオとレイナが自信を持って仕事が出来るように教えていくのが今の課題です。




毎日楽しいボール取り

1週間ほど前からテニスボールを使ってボール取りのトレーニングを始めました。

やはりシエパードはしっかりとした運動が欠かせません。
毎日楽しくできて、走ることでストレス発散が出来るのはボール取りか自転車運動になるけれど、自転車は気おつけないと危ないので、家に帰ってもやりやすいボール取りを教えています。

野球で使う公式のボールを使っているよりテニスボールの方が口当たりが良いみたいで回数やれるので今はテニスボールで運動しています。

エサも3回を止めて、ほんの少し太ってきたし、食べ方も落ち着いてきたので、2回に戻してあげています。
運動を始めてからストレス発散になっているようでバリケンの中でも穏やかにしています。 お昼はレオ&アオイ&レイナ達と走り回って遊び、朝と夕方はボール運動が出来るようにトレーニングしています。




INFORMATION

倉田ドッグトレーニング
スクール

愛知県名古屋市天白区
保呂町1402 ≫詳しい地図
TEL&FAX 052-801-6638

メールでのお問合せはこちら
アクセスマップ