お知らせ

倉田ドッグトレーニングスクールからのお知らせ

RSS Feed

仲良し・・・

今月トレーニングが終了したロッキー

インターホンに吠えていたロッキーもお母さんが落ち着いて毅然とした態度で対処することで、少しずつ落ち着いて鳴きやむようになりました。

吠えさせない様にするのでなく吠えた後犬をどうコントロールするか?これが一番大事な事!

散歩の時も大きさ関係なく犬に吠える為、首輪からチエーンカラーに変えてもらい、どのタイミングで犬に注意を与えて行くのかを練習・・・

訓練士が飼っているダックス2頭に協力してもらう・・・

犬に吠える場合・・・

1犬が恐くて吠える
2攻撃的になる事で吠える
3遊びたくて吠える
4怖いけど遊びたい気持ちもある

ロッキーも怖いけど遊びたい・・・
公園で3頭で遊ばせて見るとロッキーの支配的な遊び方が分かる

1他の犬の体に自分の前足をかける
2背中に自分の首を乗せる
3上に乗ろうとする
これらの仕草は自分が上になろうとするときに出てくる支配欲の一つ・・・

これを許しておくと、ドックランなどで喧嘩の火種になる為、公園で遊ばせながら飼い主さんに支配的な態度になる時の様子を見ながらロッキーをコントロールする練習・・・

無意識にショックを何回もかけてしまう癖がついていたので、もっと自分がリラックスして自身を持って犬に指示が出せるようになれば、散歩の時も緊張しなくて済むようになります。



子犬ちゃん共遊べます・・・

子犬のユキちゃんが2カ月の時にレオとおもりをしてくれている時のタイガーです。

すぐにお腹を見せて上手に遊んでくれていたのに・・・

今はユキの方が大きく成長してしまい、転がされている毎日です

でも一回もユキに攻撃的な態度になったりせず砂まみれになっています。



スワレ&マテ

犬が穏やかに左側を歩けるようになったら次はスワレとマテに入ります

基本的にどんな命令を出す時も人間の精神状態は変わりません!

穏やかに毅然とした態度でガイに教えて行きます・・・

飼い主(リーダー)がイライラしないでトレーニングをしていくことで犬も穏やかに指示を聞けるようになっていきます。

上手に指示を出す事が出来ていました。



リラックスが鍵!

トレーニング始めたばかりの頃のジャックラッセルのガイ君とお母さん

自分のマンションの敷地の中での散歩の時の歩き方を練習中

敷地の中での練習の時はあまり緊張しないで歩く事ができるのだが・・・

外に出ると誘惑物が多くなるし、ガイの集中力が周りの車や歩いている人に移る為、お母さん自身の精神状態が弱くなりガイに朱主導権を取られてしまい、焦りから空回りしてしまう為、ガイの歩く速さが変わったらその都度止まって自分の気持ちをしきり直して散歩をしても大丈夫とアドバイス・・・

無意識に左手に力が入ってしまう様だ・・・

散歩のコツはリラックスできているか?ですよ・・・



散歩は楽しいなー

2回めのワクチンが終わりいよいよレオ達以外の犬達に接触が可能になりました。

今日はパグのウメちゃんに会わせてみました!

怖がる事なくウメちゃんと少し遊びました!

これからいろんな犬達に会わせて行きながら、他の犬達にあった時の挨拶のしかたを教えて行きます。

いろいろな場所にも連れ出して行きます!

まず初めに訓練士が乗馬するときにレッスンをいつも見てくれている先生がユキに会うのを楽しみに待っているので、そこから連れて行こうかと思っています。

乗馬をしに来ている会員さんたちの中にも犬好きな人がいるので触ってくれるはず・・・

散歩の時は、レオにちょっかいをかけながら散歩しています。

散歩を初めて足腰がずいぶんしっかりしてきました・・・

ラブは股関節に問題が多い犬種なので、無理させず散歩の距離を延ばしています・・・

このデコボココンビがあまりにも可愛すぎて、目じりが下がりっぱなしです・・・




INFORMATION

倉田ドッグトレーニング
スクール

愛知県名古屋市天白区
保呂町1402 ≫詳しい地図
TEL&FAX 052-801-6638

メールでのお問合せはこちら
アクセスマップ