お知らせ

倉田ドッグトレーニングスクールからのお知らせ

RSS Feed

わーい!!ドックランだー

昨日午前中のトレーニングも無事に終わり、バーニーズのニコと

ラブのユキ&訓練士が目の中に入れても痛くないほど可愛くて仕方がないレオ・・・

飼い主+訓練士でドックランに行ってきました。

レオのトレーニングも兼ねて他の群れが沢山いるところでの振舞い方を見てきました。

基本ドックランは犬達が興奮している所に入って行くので、いつも穏やかさを保てるようにトレーニングしているレオもいきなり興奮した犬達が挨拶に来るため、不安定になり背中の毛を立てて嫌がっていたが、元もと喧嘩をする犬ではないので、気にせず歩いて行くとその場の雰囲気になれいつもの穏やかなレオに戻りました。

自分が把握している犬達と違い、どんな性格の犬達が集まって来ているか分からないところもあり、レオの事は信じているけど基本的に他の犬は信じていない所もある為、自分の緊張感がレオに移り余計な緊張状態を生み出してしまったのが悔やまれるが・・

レオ本人はどの犬達とも上手に挨拶ができ自分よりはるかに小さい犬達にも上手にかかわる事ができていた。

犬が大の苦手だったニコも逃げ回る事も少なくその場の雰囲気にもパニックにならずよかった・・・

ユキは小さい頃からレオやマオ&テインに遊びに来る他のお客さんの犬達と遊び馴れしているのでなんの心配もいらなかった。

広い所に行くと犬は解放感に浸り、呼び戻しが出来なくなるケースが多いのだが、ドックランに行くようになる前に、呼ばれたら来るようにトレーニングしておいて正解だった。

初めは自分が帰りたくない時は無視して遊んでいたユキだが、何回か呼ばれてこない時にこっぴどく叱られる時もあったけど、何処にいても名前を呼べば戻って来るようになっているので、もう大丈夫!

ただし・・・訓練士のお手伝いをしてくれているお父さんの事は馬鹿にしているので家の隣の遊び場所に出ている時・・・

他の犬達は素直に家の中のバリケンに入る為、帰って来るがユキは最後まで遊び倒してなかなか帰ってこないらしい・・・




所長のお気に入り

ナナは盲導犬になれなかったラブの4歳の女の子

股関節が弱い為PR活動や実演に出ていたそうです。

ナナの新しい飼い主さんは父親の知り合いで、訓練士が日本盲導犬協会にいた時からの知り合いで、担当していた犬が盲導犬にならなくて家庭犬としてもらわれた後も、その犬を交配させたくて見習いをしている富山の訓練所まで来て、生まれた子犬達も訓練所で担当していた。

その子犬達も亡くなり、次の犬を我慢していたがやっぱり欲しくなり、相談に来て富山に連絡してみたらナナを見せてくれることになる。

見に行くだけのはずが・・・富山から連絡が入り、気に入ったから持って帰ったの電話・・・

初めて会った人なのに担当訓練士を無視して飛びついて喜んだそうです。

後から聞いた話ですが子犬に頃は亡くなった所長が訓練していたみたいで、何処となく所長の雰囲気か何かが似ていたのか?

ナナにしか分からないものがあったのか子犬の時から飼って居たかのような懐き方・・・

会うべくして会ったんだと思います。

後は家庭犬として幸せに暮らしてほしいです。



2頭目・・・

ゴールデンのリックは8年位前にトレーニングしたお客さんの2頭目の犬です・・・

1頭目が病気で亡くなってしまい今のリックのトレーニングも依頼していただき嬉しい限りです。


1頭目が凄く支配欲が強い犬だったので、見に行って動かして見るまでは心配だったけど、リックの方がいくらか扱いやすいようだ・・・

1頭目も2頭目も育ち方が全く同じ・・・

問題行動もそっくりそのまま同じに育っていた。

雄犬で力も強いので、あまやかして育てれば馬鹿にされる・・・

一度覚えた事をなおすのは時間がかかる・・・

前の犬よりは支配的な所は少ないが、お母さんを小馬鹿にし過ぎている・・・

飼い主自身がリーダーとしてどう犬に向き合えばいいかアドバイスはいくらでもしてあげられるけど自分自身が変わらないかぎり
犬はついて来てくれない・・・

優しくても、きちんと叱る事が出来れば犬は変わってくるけど、本心から変わろうとしない限り、口先だけの叱りは聞かない。

犬は本心を見抜いています。

動物の群れのリーダーは強く叱るときは叱ることで群れを率いています。

犬も同じ!  あまりにも近すぎて忘れているけど犬の前に動物だと言う事を忘れない様にすれば何故?きちんと叱らなければならないのかが見えてくるはずです。

動物は動物のやり方で人間を躾けてきます!

唸る 咬む 飛びつく  引っ張る  マウンチングなどなど

都合のいい時は何かの代わり・・・

都合が悪くなると犬扱いすることに無いようしっかりトレーニングし行きましょう。

自分の犬を甘やかしたかったら、しっかり運動!ストレスをためない様に犬は犬らしく飼う事!

躾をしっかり入れて犬の精神状態を安定させて、安心できるリーダーになれれば問題行動は絶対に起こさない犬が育ちます!



不安定・・・

僕の名前はロッティー

プードルとジャックラッセルのハーフ

元気が有り余っています・・・

とにかく運動量が半端なくいる犬種なので大変・・・

トレーニングを初めて今週で1カ月・・・

少しずつ変わってきています、お母さんとの散歩も落ち着いてく歩ける様になって来ているし、命令も素直に聞けているようです
叱るときにきちんと叱る事が出来ている為、犬が安定してきた様だ・・・

とても怖がりな一面も備えている犬で、飼い主がリーダーとして安定させてあげる事がこれからの課題になりそうです。

車酔いも酷いみたいで、車に乗せると不安から興奮そしてプチパニックになる・・・

時間をかけて車になれさせて行く事をやっていけば必ず治って来るはずだから、諦めずにトレーニングを頑張って!



あけましておめでとーございます

去年の年末に風邪をこじらせて更新ができる状態ではなく・・・

遅くなってしまいましたが、またはじめていきまーす。

レオもますます訓練士の愛情を独り占め・・・

バリケンの下に引くマットも新しく買ってもらい・・・

今日もふかふかマットで今寝ています。




INFORMATION

倉田ドッグトレーニング
スクール

愛知県名古屋市天白区
保呂町1402 ≫詳しい地図
TEL&FAX 052-801-6638

メールでのお問合せはこちら
アクセスマップ