お知らせ

倉田ドッグトレーニングスクールからのお知らせ

RSS Feed

分離不安症

トイプードル5カ月

雄  名前 ボブ・・・

今日から分離不安症で人がいなくなるとバリケンの中で吠えまくる為・・・預かりトレーニング。

分離不安症の犬は子犬の時から擬人化して育てられた結果留守番が出来ない・・・

子犬の時から家での規律・ルールをきちんと教えて行き、外に出れるようになったら運動をしていくことでなおって行きます。

ただし! 犬を擬人化しない事!

犬は犬として見てあげることで、安定してきます。

犬をあまやかして飼いたいのならば・・・

1 運動  2 規律  3 愛情

飼い主が不安定だと犬は安定しませんその為、自分が安定する為飼い主を支配するようになります。

犬はあまりにも人の近くにいる為擬人化してしまい、それが問題行動に繋がっつています。

まず犬が家に来たら・・・

1何を飼った?  動物!
2どんな動物?  犬
3犬種      トイプードル
4名前は?    ボブ

これからはこの順番で考える癖をつけましょう。

車酔いもせず、トイレも両方して、散歩も行ってきました。

一人になると少しは鳴きますが家にいる時の様な吠え方はしてません。

馴れてくると分からないが、ここでは預かりの犬達もレオ達も全て犬扱いされていて穏やかな空気が流れているので安心してください。

ボブも当然・・・犬扱いなので、かまってもらえる時間と静かにバリケンにいる時間を覚えて行きます。

周りの犬達も同じ環境なので落ち着いています。



少し自由・・・

今週からマロンの行動範囲を広げてみる。

1日中放し飼いにしておくことは出来ない為、時間を決めて自由に遊ばせながらトイレに自主的に行けるか見る。

いつでも好きな時に好きなだけ水を飲めるようにしていないせいか、リビングで失敗することは今のところ無さそう・・・

自由な時間が終わりサークルを戻すとトイレシートでしている様だ。

食糞はなおるのに時間がかかる為、こまめに取って行くしかない

でもエサを沢山食べるようにしてからすぐには口をつける様子は無くなって来ている様だ。

いつまでも置いておくと、どうなるか分からない・・・



バリケンの扉が・・・

レオは夜寝る時バリケンの扉を開けてもらい寝ている・・・

それは訓練士がトイレの躾けの為に預かっているチワワの目の前で布団をひいて寝ている為だ。

扉が開いていても出てこずによく寝ている為そのまま開けっ放しで朝までお利口に寝ています。

朝になるとトイレに出る為上からのぞいてトイレの催促をしてきます。



お母さん僕は普通のチワワだったよ?

チワワのチビ君

あまりの落ち着きの無さに獣医さん&ペットショップさんにもこんな犬は初めてと言われ、毎日不安な日々を過ごしていました。

初めてチビを見に行った時、電話で聞いてい想像していたほどではなく、いたって普通の元気があるチワワでした。

落ち着きが無いのは犬のせいではなく、飼い主が犬に落ち着く方法(リラックス)を子犬の時から教えていない為、頭の中のスイッチが入りっぱなしで切り方が分からない為、いつも落ち着きなく生活していただけなのが分かりました。


今週の水曜日からトレーニング開始!

まず初めに勝手にお母さん達の膝に乗ったり前足をかけない事!

もちろん!頭も横に来て座る時もチビが自分の体重をかけてきたらチビをどかす為タッチンぐグするやり方を教える。

今日はボール遊びのやり方を教える、ボール遊びはチビが穏やかになったら投げてあげる事。

穏やかに取りに行けば穏やかに取る事が出来る。

何回か練習してもらい目の前で実践してもらい、いつもと違うチビの態度を見てもらい人間の行動が変わればチビの行動も変わるのを目の前で見てびっくりしていました。

まだ始めたばかりだが自分から座る事も出てきたし、散歩のリードをつけるのも前より穏やかにつける事が出来てきたし、先は長いけど少しずつ穏やかさを身につけて行くので頑張りましょう。



こんなに可愛かったのに・・・

ラブラドールのユキの預かりトレーニングを初めて2ヶ月目・・・

可愛らしい3か月位?レオと初めての散歩だと思われる写真が有ったので載せて見ました・・・




INFORMATION

倉田ドッグトレーニング
スクール

愛知県名古屋市天白区
保呂町1402 ≫詳しい地図
TEL&FAX 052-801-6638

メールでのお問合せはこちら
アクセスマップ