お知らせ

倉田ドッグトレーニングスクールからのお知らせ

RSS Feed

8か月・・・

柴犬のフー

訓練士の趣味は乗馬・・・その乗馬クラブのお客さんの一人がフーの飼い主さん。

生後3か月から週1でトレーニングを初めてもう8か月近くがたちました。 始めたころは攻撃的で大変な子犬でした。
柴犬らしい犬だけど、家庭で飼うには気性にかなり問題がありコントロールされるのが嫌な子犬で、とにかく気に入らなければ噛みつくしそれを叱ると逆切れ・・・どっかで聞いたことあるような? クーガのメス犬バージョンです。

シャンプー仕様とすれば、泣き叫び暴れ噛みついてくる、トリミング先で押さえつけられて嫌な思い出がある為、トラウマになり暴れ回るのでバケツにお湯を入れ手ですくい少しずつ馴らしていきました。でもホースから水が出るとまたパニック状態で泣き叫び噛みつくの繰り返し、とにかくフーが落ち着いたら少しずつ馴らしていきました。家ではタオルをびちょびちょに濡らしてもらいそれで体を拭いて馴らしてもらい苦労しながら直しました。今は預かりの時にお風呂場でシャンプーをしてもパニックにもならずシャワーで体を濡らすことが出来るようになりました。しかもドライヤーも平気です。 みんなの努力と忍耐力でフーのシャンプーパニックも直りました。後は飼い主さんが緊張せず嫌な想像をしなければ大丈夫!

ここ1か月いい感じの雰囲気が出てきているし、目も穏やかになってきています。



今日は座れのトレーニング

柴犬のクーガ散歩のトレーニング・・・

人間の前を歩きたいクーガ、犬が人間の前を歩くと犬の精神状態は支配的になりやすい状態になります。

何故?そうなるのか?動物のリーダーは常に一番前を歩きます!

当然!犬も動物なので人間の前を歩くと自然にリーダーの意識がついてきて飼い主を支配下に置いての散歩を覚えていきます。

それが出ないようにクーガの散歩は少しでも前に出れば後ろに戻され人間の横を同じ速度で歩くようお勉強の毎日。

家に帰ってきたら小型犬達と座れのトレーニング開始!
まだ始めたばかりなので小さいクッキーを使いながら座れの言葉と動作を一致させるトレーニングをしています。
ただ上手に座っても近すぎたり、おやつ欲しさに飛びついたり、膝の上に自分の前足をかけたりせずに穏やかに座れていれば、ご褒美のクッキーがもらえます。当然!順番にクッキーをもらうため隣の犬がもらっている時は、ほしくても取りに行くと喧嘩になる為、取りに行かないような事も一緒に教えています。でもほしくてたまらないので首が伸びてしまうクーガなのです。



少しずつ少しずつ前に・・・

ビーグルのソウタツを預かりトレーニングを初めてもうすぐ1か月がたちます。

一昨日からエサの時変化が出てきました。

テニスラケットからバトミントンのラケットにしても落ち着いてエサをもらえるようになってきています。
レオ達と遊んでいる時もあまりにしつこいと叱られるけど、はむかうことなく遊んでいます。

自分より強いものには素直に従うことが出来ているソウタツを見ていると犬は飼い方さえ間違わなければ素直で従順な犬に育つことが犬同士を見ているとよくわかります。

子犬も色々な性格・性質があり時には難し子犬にあたることもあるだろうけど、自分たちでどうにか出来ると思わずに、早い時期にしつけ方教室や訓練士のに相談してもらえれば犬も飼い主も、もっと早く幸せになれるので、迷ったらまずはプロに見てもらってください。

早ければ早いほど良いです!



僕は強いぞ!

柴犬の3か月

オス 名前はクーガ

柴犬らしい子犬で小さくても攻撃性が強くかんしゃく持ちで大変な子犬です。

散歩のトレーニングで人間の前を歩くことはいけない事だと注意すれば逆切れして足に噛みついてくる・・・

とにかく気に入らなければ人に噛みついてコントロールしてくるので直すのに大変な子犬です。

今は座れと・フセはおやつを使いながら少しだけできるようになりました。

パピートレーニングのマズルコントロールも静かにさせる時間が増えてきています。

教えることがたくさんあるクーガですが穏やかな精神状態を覚えていけるよう頑張ってトレーニングしていきます。

攻撃的で自分が強い犬を買った飼い主さんは犬よりも強い精神状態を持たないと犬が支配的になり飼えなくなったりひどく噛まれたりするようになるので子犬の時から何がいけなくて何がいいことなのかしっかり守らせましょう。



少しずつ変化が・・・

ビーグルのソウタツを預かって2週間がたちました。

最初エサの食器を置くこともできず、置くときに噛まれないためにラケットをかざして食器を置くトレーニングをしていました。
今でもラケットは念の為かざしてはいるけれど、ラケットをかざしたら自分から下がり座れるようになってきている。
何を求められていて自分が何をしないとエサがもらえないかを少しずつ学習してきているようだ。 エサをもらうまで家では鳴きつずけていたが、ここでは鳴けば鳴くほどエサは出てこない為、初めは鳴きつずけていたが、鳴かないで待っている時にエサを出しているので少しずつ静かに待つ時間が増えてきている。
3日前から座れ・フセを教え始める。 とにかく支配欲の強い犬はフセを絶対にやらない為、噛まれないように口輪を着けて練習開始! 30分近くかかってようやく観念したようで、前足の肩を上から下に押すとフセの体制になる・・・それから練習を重ね今日は軽くリードを下に促せばフセをする回数が増えてきた。
毎日朝と夕方自転車運動もしているせいか、ほんの少しだけソウタツから出てくる雰囲気が良くなってきている気がする。
まだまだ油断はできないけれど少しでも前に進んでいけるように頑張ります。




INFORMATION

倉田ドッグトレーニング
スクール

愛知県名古屋市天白区
保呂町1402 ≫詳しい地図
TEL&FAX 052-801-6638

メールでのお問合せはこちら
アクセスマップ