お知らせ

倉田ドッグトレーニングスクールからのお知らせ

RSS Feed

やっと遊べるようになる、でも自分の名前を憶えていない

トイ・プードル オス

8か月 モモタロウ

やっとみんなと一緒に駆け回れるようになりましたが、自分の名前を理解していないようだ・・・

多頭飼いの犬達は自分の名前を覚えるのが早いが1頭飼いの場合みんなと一緒に出すと覚えていないことが多い。

座れ・伏せ・待て・来いでトレーニングしていけば来るようにはなるが今の所、ロングリードを引かないと自分が呼ばれているとは思っていないようだ・・・

人をからかう事が当たり前になっているので直すのが大変です。
3か月〜今まで人をからかって来ている為、習慣化してしまい、
常に叱られています。
家に帰ってからもしっかりリーダーシップをとれないと🙅ですよ



体に触られることに敏感

8か月のシュナウザー

メスのベル

体に触れられる事にとても敏感な女の子のようです。
体に触れた途端に口が手元に来て軽く噛みに来る。
手にも執着があるみたいだ・・・

尻尾を咬もうとしてくるくる回る行動には色々あります。

 1 ストレス発散
 2 小さい頃に暇で回ったのが習慣になる。

この行動が始まった時にきちんと止めさせていれば良かったのだが、それが出来なかったので習慣から執着に代わり興奮すると尻尾を噛む為くるくる回り出すと思われます。

これを直すにはしっかり運動させてストレスをためないようにして、尻尾を見たらすぐ注意する事、リードが付いている場合はリードを軽く引き行動を止めさせる。

始めはかなりの執着心を見せていたので、1回目は少し強く叱りましたが、今は興奮して尻尾を見た時にダメと声をかけると前ほど執着して回ることは無いです。
洋服を着せる練習している時もすぐ手元に口が来ていたが少しずつ我慢が出来る様に練習しています。
着せるタイプより、前胸とお腹で止めるタイプの方が良いかもしれません。
ベルはとても頑張って練習してますよ。 叱られても上手くできて褒められると凄く嬉しそうに次のトレーニングをしてくれてます。
興奮症な所はあるけれどきちんと飼い主さんがベルをコントロールする事が出来れば可愛い犬ですよ。
飼い主さんもベル以上に頑張って練習してください。



やっとリードに服従

柴犬の4か月

オス セサミ

自分が一番だと思っているかなり強い性質の子犬・・・

人に服従するのが嫌で泣き叫んで本気で噛みに来る。

人に服従できてない子犬は当然リードに服従しない。

リードを平気で噛む犬はその延長線上にある人間の手は平気で噛みます。

散歩が出来ないとストレスも溜まるし、次のトレーニングもできないので歩くことからスタートしたが・・・
泣き叫ぶはリードに噛みつくは大変な子犬でした。

リードに噛みついてくるためビターアップルやビターオレンジをリードに塗り噛んで無駄だと伝える。
預かりトレーニング10日やっと少しリードに服従姿勢を見せる様になる。

それからは首を振る仕草はやりますが上手に歩かるようになりました。
疲れました(笑)
自分達が飼いたい犬と飼える犬が違うことを初めに飼う時に、ペットショップやブリーダーさんが家族構成をよく聞いたうえでその家族に合う犬種やオスとメスを進めればと思ってしまいます

小さい子供さんのいる家で飼うにはとても強いリーダーシップを親御さんが取れないとこの犬を飼って行くのは難しいです。
動物の心理からすると群れにオスが自分とお父さんの2頭いる事になります。
お父さんがセサミをコントロールする役割を果たしているとセサミは不安にならないけれど飼い主のエネルギーが弱いとお母さんと子供達をセサミが守ろうとする為お父さんと衝突することになります。
そうならない為には両親がしっかり運動させてセサミをコントロールする事が大事になってきます。
とても難しい犬ですがセサミが来たことにはきっと意味があるはずです。
頑張りましょう!



自転車運動楽しいー

ポメmixのロウ

この前自転車運動してみました。

自転車を引っ張って行く勢いで走りびっくり!!!

初めてなので時間は少しだけでしたが元気が有り余ってエネルギーの発散がかなりいる小型犬です。

皆と遊びに出てる時も1頭で走り回って、ついでに他の犬にちょっかい出して又走るを繰り返して楽しそうです。



この世に自分より強い犬がいたなんて

フレブル 7か月

オスのトム君

今まで家では一番上で、好き勝手にふるまって来たトムですが、犬の群れに入りびっくり自分より強い子犬がいたなんて⁉

しかも相手は自分よりも細くてフワフワした、ポメラニアンmix
遊び相手にはモッテコイの元気の塊の様な犬で、自分の持っているエネルギーにピッタリ❕

いつも2頭で走り回って楽しそうにしています。
しかもアオイが持っている木の棒の端をくわえてアオイと取りあっこしてみたり散歩も少しずつ落ち着いて出来る様になってきています。




INFORMATION

倉田ドッグトレーニング
スクール

愛知県名古屋市天白区
保呂町1402 ≫詳しい地図
TEL&FAX 052-801-6638

メールでのお問合せはこちら
アクセスマップ